JUGEMテーマ:ふるさと納税

 

5-1 ほうれんそう(吉田農園) 北海道 天塩郡 遠別町(1)

寄付額:¥5,000、注文:4月下旬、配達:7月上旬、

 

 今年も遠別町からホウレンソウを取り寄せました。遠別町では2か所の業者からホウレンソウを手に入れることが出来たのですが、今回は前年とは違う方の業者、「吉田農園」から取り寄せることとしました。

 


 

 農園は変わりましたが、去年と同じような箱に同じように詰め込まれています。



 

 農園だけではなく配達された時期、つまり収穫された時期も異なるのですが、規格が厳格なのでしょうね、包装は異なりますが内容に大きな相違はないように思います。


 全部で10束です。美味しそうですね。

 

 今年の間にもう一度と思っていたのですが、残念ながらホウレンソウは終了したようです。これから北海道は長い冬が始まりますね。

 

ほうれんそう(吉田農園)(1)>>ほうれんそう(2)

ほうれんそう(サングリーン)(1)

JUGEMテーマ:ふるさと納税

 

イタリア野菜(西洋野菜・珍野菜)セットラージ(14品)(あいちゃん農園) 佐賀県 神埼郡 吉野ヶ里町(1)

注文(ポイントサイト):6月下旬、配達:約3日後

 

 普通のスーパーでは手に入らないような野菜が欲しく、イタリア野菜セットを頼んでみました。イタリア料理が好きだということもあります。どんな野菜が送られてくるのか楽しみにしていました。

 


 こんな風に入っていました。


 ロメインレタスです。


 トレビスです。


 何も書いていないのですが、こちらもトレビスだと思います。



 スイスチャードでしょう。


 丸ズッキーニです。


 UFOズッキーニだそうです。



横から見るとこんな感じです。


 ズッキーニです。少しずつ色合いが違うとはいえ、やっぱり全部ズッキーニです。別物とは言えないでしょうね。



 米なすでしょうか?


 紫キャベツ?


 茎ブロッコリー、あるいはスティックセニョールのはずです。


 紫人参とのことですが…。もっと紫なニンジンを知っているだけに紫と言われても少し納得がいきません。少し変わったニンジンではありますけれど。

 こんな感じです。

 

 届いたものを見て重複が多いと感じました。ズッキーニが5つ、トレビスが2つ、紫(?)ニンジンが2つ。ズッキーニ2種類については全く形が違うので良しとしますが、それでも4/14は重複です。これではレギュラーの10品でよかったということになります。夏野菜が増える時期を選んだつもりでしたが、注文が少々早かったのかもしれません。また、野菜名もわかるようにして欲しかったです。

 

 簡単に手に入らないのは、ロメインレタス、トレビス、スイスチャード、丸ズッキーニ、UFOズッキーニ、紫(?)ニンジンというところでしょうか?

 

イタリア野菜(1)>>イタリア野菜(2)

JUGEMテーマ:ふるさと納税

 

A31170 生ワラビ 秋田県 由利本荘市(1)

寄付額¥5,000、注文5月下旬、配達6月上旬


 記念品で注文した山菜の詰め合わせにはツクシ、ゼンマイ、ワラビの少なくとも2つくらいは入っているだろうと思っていたのですが、届いたものにはいずれも含まれていませんでした。その代わりに僕の知らない山菜を多数頂くことが出来ました。それは喜ばしいことでもあったのですが、少々物足りなく感じたことも事実です。そこでこちらのワラビを注文した次第です。

 

 

 1kg/5千円寄付なので2kg/1万円寄付のアスパラとグラム当たりの寄付額は同じです。量は半分のはずですが、何故か2kgのアスパラと変わらないほどの量があるように見えます。


 

 5,000円の寄付でワラビ1kgというのはきっと得なのだと思いますが、1kgも食べられるかどうかが心配でした。長らくワラビは食べていなかったですし、少なくともそんなにたくさんのワラビを短期間に頂いたことはありません。


 

 アスパラのように使い勝手が良ければいいのですが、食べ方も知らないのにこんなにたくさんのワラビを注文するなんて「馬鹿じゃないの?」と妻からお叱りを受けました。確かに少々無謀だったかもしれません。

 

生ワラビ(1)>>生ワラビ(2)

JUGEMテーマ:ふるさと納税

 

[5732-0096]生じゅんさい 500g×4(2017) (じゅんさいの館) 秋田県 山本郡 三種町(1)

注文4月上旬、配達5月中旬

 

 今年もジュンサイを頼みました。生産量日本一の三種町のジュンサイです。

 


 「じゅんさいの館」から送られてきました。


 4パック入りです。


 テーブルに並べてみました。

 

 一昨年までは調理済みの少量のジュンサイしか見たことがなかったので、昨年は見慣れない色のたくさんのジュンサイが少々不気味に見えました。そんな僕ですが、今年はこの状態で美味しそうに見えるようになりました。

 

 収穫は大変なんだろうなと思います。生産者の皆様、ありがとうございます。

 

生じゅんさい2017(1)>>生じゅんさい2017(2)

生じゅんさい(1)

JUGEMテーマ:ふるさと納税

 

ホワイトアスパラガス 約2圈)務て 上川郡 下川町(1)

注文4月下旬、配達5月中旬

 

 北海道は下川町から届いたホワイトアスパラです。ホワイトアスパラは少々手間がかかるはずなので、2kgは価値があります。

 

 

  そもそもホワイトアスパラとグリーンアスパラに品種の違いはありません。栽培方法で違いを生み出しています。ホワイトアスパラは土を盛って生えてきた芽を日に当てずに伸ばすことで葉緑素を作らせないのですが、青ネギと白ネギの作り方の違いに似ています(青ネギと白ネギはおそらく品種も違うはずです)。日に当てずに育てたモヤシはひょろ長くなるのにアスパラは太くなるのが少し不思議な感じがしますが、アスパラは種からではなく地下茎から芽が出るからでしょうか?(種から生じた芽はアスパラとして食用になるような代物ではありません。)



 こんな風に入っていました。少し先端が怖いです。先端恐怖症というほどではありませんけれど。

 28本でしょうか?同じ重さのグリーンアスパラより本数は少なくなるはずです。


 一本一本が太くて立派です。


 ほんの少し赤みがさして綺麗です。緑は全くありません。


 見慣れているからかグリーンアスパラではあまり意識することはありませんでしたが、先端も綺麗ですね。ついつい見とれてしまいました。

 

ホワイトアスパラ(1)>>ホワイトアスパラ(2)

グリーンアスパラ(1)さぬきのめざめ(1)遠軽産アスパラ(1)

JUGEMテーマ:ふるさと納税

 

[5879-0016]道の駅かみこあに 採れたて天然山菜詰合せ(5〜14品程度) 秋田県 北秋田郡 上小阿仁村(1)

注文2月上旬、配達5月上旬

 

 僕が山菜と聞いて思いつくものと言えば、ツクシ、イタドリ、ヨモギ、ワラビ、ゼンマイ、フキノトウ、タラの芽といったところでしょうか?この中で実際に採って食べたことのあるものはタラの芽を除く6つです(タラの芽は買って頂いています)。こちらの山菜詰合せは5〜14品程度とのことでどのような山菜が送られてくるのか楽しみにしていました。

 


 こんな感じです。予想していたよりたくさん入っていました。

 定番の「タラの芽」です。天ぷらにしたら美味しいですね。


 「こしあぶら」は初めて聞きました。


 「しいたけ」を山菜扱いするのは少し違和感を覚えますが、天然なら山菜に違いはありません。


 「こごみ」は聞いたことはあるけれど、見たのは初めてです。


 「しどけ」という山菜です。これも初耳です。


 「ぼんな」も知りません。



 「行者にんにく」は大好きです。買うと結構高いですよね?量も少なくないですし、これだけで結構価値はあります。

 「あいこ」は山菜以外ではよく聞きますが、山菜の「あいこ」は初めて聞きました。


 「ウド」も山菜なんですね。言われてみればそうかもしれません。


 

 タラの芽、こしあぶら、しいたけ、こごみ、しどけ×2、ぼんな、行者にんにく、あいこ、ウドの9種類、10袋(パック)でした。5〜14品のちょうど真ん中くらいですね。サイズも量もバラバラなので袋の数はそれほど問題ではありません。量、種類的には満足です。ちなみに僕が思いついた山菜は「タラの芽」一つしか含まれていませんでした。

 

天然山菜詰合せ(1)>>天然山菜詰合せ(2)

JUGEMテーマ:ふるさと納税

 

長島特産 赤土バレイショ10圈ー児島県 出水郡 長島町(1)

寄付額¥5,000、注文4月上旬、配達5月上旬

 

 2016年は台風の影響でジャガイモが不作でした。その結果、今年の春は原料のジャガイモが不足し、ポテトチップスの出荷が停止に追い込まれるところもありました。いわゆるポテチショックです。最初はずいぶん騒がれましたが、しばらくして皆は何事もなかったかのように生活していました。代替商品があったのか外国産が利用されたのか、僕にはよくわかりません。我が家は出荷停止の一報を聞いて、慌ててジャガイモを取り寄せました。それがこちらの馬鈴薯です。ニシユタカという品種のようです。

 

 鹿児島と言えばサツマイモの印象が強く、ジャガイモを作っているとは知りませんでした。というか作れるとは知りませんでした。サツマイモは鹿児島だから亜熱帯の芋、ジャガイモは北海道だから亜寒帯の芋と勝手に理解していて、鹿児島はジャガイモの南限より南方に位置するに違いないと思い込んでいました。



ニシユタカと書かれているので品種はニシユタカのはずです。

 

 立派なジャガイモです。北海道産にこだわる必要はなさそうですね。

 

 ちなみにポテトチップスはカルビーもコイケヤも9月には商品の供給が再開されるとのことです。意識しなければなくても意外に困らないのですが(本当にないのかどうか知りません。一部商品は出荷が継続されているような気がします)、この記事を書いてしまったがために急にポテトチップスが欲しくなりました。

 

バレイショ(1)>>バレイショ(2)

じゃがいも(1)じゃがいも4種(1)

 

JUGEMテーマ:ふるさと納税

 

F-13 そらまめ 2kg 鹿児島県 阿久根市(1)

 

 実えんどうと同時に注文したのがこちら、そらまめです。本当はこちらがメインで実えんどうは「ついで」でした。4月中旬に届きました。

 

 

 実えんどうと同様、段ボールには大きなそらまめがゴロゴロと無造作に入っています。

 たくさんあるようですが、残念ながらサヤから豆を取り出すとかなり量は減ってしまいます。

 一部を皿に盛ってみました。美味しそうですね。

 

そらまめ(1)>>そらまめ(2)

JUGEMテーマ:ふるさと納税

 

A6 大多喜町産筍 5kg 千葉県 夷隅郡 大多喜町(1)

 

 4月中旬に千葉県は大多喜町から届いた筍です。記事は相変わらず3か月超の遅れです。大多喜町と言えば今はなき「ふるさと感謝券」を思い出しますが、他の記念品も地味ながら決して悪くありません。

 


 冷蔵で届きました。

 立派な筍です。美味しそうですね。季節ものなので食べられるうちにたらふく食べておきたいです。多いようにも見えますが、黒い皮を剥いたら小さくなるはずなので、ちょうど良いくらいの量かもしれません。

 

 小学生の時に筍掘りに行った記憶がありますが、行ったという事実を記憶しているだけでそれがどのような体験であったかはほとんど覚えていません。それ以来筍堀りからは遠ざかっていますので(そういえば最近、田舎の田んぼのあぜ道に生えていた筍の先端を子供が掘り返して遊んでいましたけれど、あれは他人の家の筍ではなかったでしょうか?)、また機会があれば行ってみたいですね。

 

筍(1)>>筍(2)

JUGEMテーマ:ふるさと納税

 

F-14 実えんどう 2kg 鹿児島県 阿久根市(1)

 

 4月上旬に届いた実えんどうです。サヤエンドウのつもりで間違えて注文してしまい、記念品が届いて「実えんどう」と「さやえんどう」が別物であることに気が付いた次第です。自分ではサヤエンドウしか買ったことがないので(実えんどうってスーパーで売ってます?)、両者の違いに全く無頓着でした。ちょっと考えればわかるはずのことなんですけどね。少しは料理を作るオッサンでもこんなものです。



 これだけしっかりしていたらサヤは相当筋っぽいはずで、丸ごと食べても美味しくないでしょう。これを見たら知らなくても実を食べるものだということはわかります(知らなかったわけではありません。これを実えんどうと呼ぶことを知らなかっただけです)。

 

 ちなみに実えんどうも実が成熟したものではありません。大きくはなっていますが、未熟な豆です。いわゆるグリーンピースですね。成熟した豆はサヤも種(豆)も茶色く乾燥しています。枝豆と大豆(の種)の関係と考えればわかりやすいかもしれません。

 ビニール袋に小分けにして冷蔵保存です。小分けにするのはおそらく収納上の事情でしょう。

 

実えんどう(1)>>実えんどう(2)


Calendar

S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< October 2018 >>

Archive

Mobile

qrcode

Selected Entry

Comment

  • 毎度同じ − 日永園苺【6】 福岡県うきは市
    井本

Link

Profile

Search

Other

Powered

無料ブログ作成サービス JUGEM
        

お問い合わせ