JUGEMテーマ:ふるさと納税

 

D1-01 幻の濃厚ラーメンまむし「生スープ豚骨ラーメン」5食セット 福岡県 田川郡 福智町(1)

注文4月下旬、配達12日後

 

 福智町から豚骨ラーメンが届きました。

 

 福智町はポイント制を採用しています。元々別のものを頼む予定でポイントを取得したのですが、嵩張る冷凍食品だったので冷凍庫に余裕ができるタイミングを見計らって注文しようと考えていました。しかしいつまで経っても冷凍庫に十分なスペースが生まれず、諦めて「冷蔵」のこちらの商品に変更した次第です。

 

 

 確かに元々頼むつもりではなかったのですが、今回の寄付では予定に入れていなかっただけで、「ラーメンまむし」は以前からお気に入りに登録はしていました。いずれ頼もうかと考えていたけれど、予定が早まったということです。


 

 スープがボトルに入っています。チャーシューはブロックになっています。

 5人前です。

 

ラーメンまむし(1)>>ラーメンまむし(2)

大砲ラーメン(1)

JUGEMテーマ:ふるさと納税

 

B4-01 福岡ブランドの贅沢な上質とボリューム!「博多和牛切り落とし」1kg​ 福岡県 田川郡 福智町(1)

注文4月下旬、配達12日後

 

 福智町はポイント制ですので、寄付と同時に商品が確定するわけではありません。福智町の「ふるさと納税サイト」に登録してから記念品を注文する必要があります。

 

 

 元々頼もうと思っていたものは嵩張る冷凍食品だったので、冷凍庫に余裕ができるタイミングを待って注文しようと考えていました。しかし冷凍庫が満杯に近い状態を維持し続けたので、諦めてそれほど嵩張らないこちらの記念品を注文することにしました。


500gが2パックです。

 

 肉とは関係のない話ですが、多くの自治体でポイント制が取り入れられるようになると、管理が困難になるかもしれません。

 

博多和牛切り落とし(1)>>博多和牛切り落とし(2)

伊万里牛切り落とし(1)九州産黒毛和牛切落し(1)

JUGEMテーマ:ふるさと納税

 

知床羅臼産 うに折(上)(丸大 あべ商店) 北海道 羅臼町(1)

 

 羅臼(らうす)から届いたウニです。3月上旬に届きました。ほぼ4か月遅れの記事です。

 

 羅臼では1月15日頃〜6月30日頃がウニの漁期になっているようですので、今日(7/1)、明日くらいに羅臼で出荷されるウニが今年最後の羅臼産ウニということになるのかもしれません。寿司屋で年中ウニの握りを頂くことが出来るのは、北海道内でも少しずつ漁期がずれており範囲を全国に広げると通年で漁期が存在するからです。外国産のウニも増えているようです。

 

 知床のウニと書かれていると美味しそうです。


 荷造りには「十分な注意を心掛けて」いるということです。

 

 木箱に入っていました。

 確かにしっかり荷造りされているのですが、

 

残念なことに...、

身が崩れていました。「味や品質に変わりはありません」と書かれてはいますが、これだけ身が崩れていると品質は低下していると言われても仕方ないのではないでしょうか?これだけ液体がにじみ出ているということは本来ウニに含まれているはずの成分が流れ出ているということに他ならないですし、味も落ちているかもしれません。漁港町に出向いたときに折ウニを買って帰ることがありますが、さほど丁寧に扱っていなくてもこれほど身が崩れた経験はありません。おそらく運搬の問題であって販売業者に非はないのかも知れませんが、残念です。もしかすると折ウニより塩水ウニの方が運搬には向いているのかもしれません(個人的な感想です)。塩水が漏れたら最悪ですけれど。

 

羅臼産うに(1)>>羅臼産うに(2)

JUGEMテーマ:ふるさと納税

 

A605 九十九島殻付かき・さざえ【500pt】(マルモ水産) 長崎県 佐世保市(1)

 

 3月上旬に届いたものです。生ガキが食べたかったのですが、前回のサザエで不完全燃焼感がありましたのでカキとサザエのセットにしました。全部カキだと途中で飽きるのではないかという懸念もありました。

 

 カキ用の柑橘が入っています。レモンでしたっけ?



 この写真ではわかりにくいですが、ほんの少しカキの方が多いように見えます。何kgずつだったかは残念ながらわからなくなりました。食べる部分はどちらの方が多いんでしょうね?

 カキ用ナイフと殻で手を切らないための軍手付きです。実はちょっとこれが欲しかったんですね。安いものなのでしょうけれど、わざわざ買うほどのものでもなさそうですので付いていたら助かります。ナイフはテーブルナイフより分厚いですが、先端の縁が尖っていて油断すると殻ではなくてこちらで手を切りそうです。

 

かき・さざえ(1)>>かき・さざえ(2)

さざえ(1)

JUGEMテーマ:ふるさと納税

 

1-145 有明産「訳あり上級焼き海苔」たっぷり160枚セット 静岡県 牧之原市(1)

 

 生鮮食品、冷凍食品は保存量に限界があるので乾物を頼むことにしました。焼き海苔であればお弁当や手巻きずしなどに有効利用できるはずです。

 

 シート状のモノということを考えると結構大きめの箱で送られてきました。160枚ですからね。


 少しロボットの顔みたいです。上段には二種のもみ海苔が入っています。もみ海苔と味付けもみ海苔です。これが結構役に立ちました。


 焼き海苔160枚です。これでは「わけあり焼き海苔」が商品名みたいです。事実そうなのかもしれません。

 

 静岡県のHPによると、「生のり類の養殖収獲量」は静岡県が日本一だそうで、主に静岡県の浜名湖で養殖が行われているとのことです。ただ他で「海苔の都道府県別生産量」を調べてみると、1位は佐賀県、2位は兵庫県、3位は福岡県、以下熊本県、香川県…となっており、静岡県の名前は上位には見当たりません。「生のり類の養殖収穫量」、「海苔の都道府県別生産量」と違いはありますが、そんなに差が生まれるものなのでしょうか?「生のり類」っていうのは「海苔」とは全然別の物を意味するのでしょうかね?よくわかりません。

 

 ちなみにこちらの商品は浜名湖産あるいは静岡産ではなく、有明海産です。有明海産の海苔はブランドなので不満はないのですが、なんだか不思議な感じがします。


 

 もみ海苔2種類一袋ずつ、焼海苔全形40枚×4袋です。

 

 まだ板海苔の在庫があったので、とりあえずはもみ海苔から使うことになりました。

 

訳あり焼き海苔(1)>>訳あり焼き海苔(2)

JUGEMテーマ:ふるさと納税

 

とらふく磨きセット(2016) 山口県 下関市(1) (株)酒井商店

 

 2015年に続き2016年もこちらを注文しました。届いたのは2017年2月下旬のことです。


 今回は「酒井商店」というところから送られてきました。前回は「ヤマモ水産」でした。今年の記念品の「ふく磨き」で確認すると、「下関ふく連盟」が指名したふく処理メーカーが出荷することになっているようです。



 

 2パックです。ポン酢が付いています。

昨年は3尾でしたが、今年は2尾ですね。少し大きめなのでしょうか?計1.5kgと書かれています。(2017年寄付分は安くなった分、少し量が減っているようです。)


 地理的表示保護制度のマークです。GIとはgeographical indicationsです。神戸ビーフとか夕張メロンなどもこれに当たります。世界的にはシャンパーニュ地方のシャンパンなどが有名です。少し調べたのですが、国際的なGIと日本国内におけるGIの関係性はよくわかりませんでした。

 ちなみにこちらは長崎県産の養殖とらふぐです。フグの集積地である下関(山口県)で身欠き処理されたということなのでしょう。下関においてある一定の基準を満たせば、必ずしも下関で水揚げされたものでなくてもいいということなのでしょうが、素人にはよくわかりません。僕的には美味しくて安全ならばどこでもいいんですけどね。

 

とらふく磨き2016(1)>>とらふく磨き2016(2)

とらふく磨きセット(1)

とらふぐ刺し(1)

JUGEMテーマ:ふるさと納税

 

No.079 みどりバター詰め合わせ【2pt】 大分県 大分市(1)

 

 あるとすぐに使ってしまうバターですが、なければないで何とかなることがほとんどです。しかしバターがどうしても欲しいときもあり、そういうときは得てしてバタ―を切らしているものです。今回どうしても欲しくてバターを取り寄せたのですが、案の定届いたときには熱も冷めていました。(追記:どうやら妻が待ちきれずにバターを買ったようです。そりゃ熱も冷めますね。)


 

 大分県大分市の九州乳業で作られているらしい「みどりバター」です。「作られているらしい」という書き方になっているのは同社のHPを見ても商品の中に「みどりバター」が見つからないからです(僕が見つけられなかっただけかもしれません)。あまり大々的に販売していないということなのでしょうか?その辺の事情はよくわかりません。同社のオンラインショップでは取り扱いはありませんが、いろいろな業者から販売されているものはすぐに見つけることができます。


225g×6個で1350gです。なかなかの量です。


 

 熱は冷めていましたが、バターはあればどんどん減っていきます。これだけの量のバターがあると贅沢な使い方をしてしまいますね。贅沢は良いですが無駄遣いにならないようにしないと。

 

みどりバター(1)>>みどりバター(2)

プレミアムバター(1)ジャージーバター(1)

JUGEMテーマ:ふるさと納税

 

A-07 丸元水産 桑名産蛤(ハマグリ) 1.5kg(2017)(有限会社丸元水産) 三重県 桑名市(1)

 

 「2年目のはまぐり」です。隠語ではありません(笑)。同じハマグリを注文するのが2回目になったということです。タイトルに(2016)、(2017)という表記が少しずつ増えているのは、同じ商品を頼むことが増えているということです。(2017)は2017年納税分という意味です(配達時の年ではありません)。なるべく新しいものに挑戦するように心掛けていますが、本当に良いものは何度でも注文したくなるものです。何年も繰り返すうちに注文がある種のパターンに収斂していくのかもしれません。


 

 前回と同じように発泡スチロールの容器に保冷剤です。



 

 相変わらず立派な蛤ですね。


 

 ハマグリを英訳するとclam(クラム)ですが、流石にこんな立派な蛤をクラムチャウダーにする気にはなりません。やっぱり「その手は桑名の焼き蛤」ですね。和英辞書で調べたら「焼き蛤」はbaked clamというそうです。日本でいうところの焼き蛤と同じものを指すのかどうかわかりませんが(多分イメージするものと違うんだろうな)、勉強になりました。機会があれば使ってみたいと思います。

 

桑名産蛤(2017)(1)>>桑名産蛤(2017)(2)

桑名産蛤(1)

 

【ふるさと納税】 丸元水産 桑名産蛤(ハマグリ)1.5kg

価格:10,000円
(2017/9/10 19:39時点)
感想(3件)

桑名 畜養活ハマグリ【大】2キロ三重県 桑名発!! 桑名 畜養 活 はまぐり 蛤 ハマグリ【大】 5年もの〜 約60g〜80gサイズ 2キロ(30粒前後)入り お召し上がり人数目安 大人2〜3人

価格:5,580円
(2017/9/12 21:32時点)
感想(1件)

JUGEMテーマ:ふるさと納税

 

[?5786-0059]五味八珍 浜松餃子140個 静岡県 浜松市(1)

 

  以前、「黒豚」の響きに負けて、いや、それだけではなく10パックに魅かれて黒豚ギョウザを頼んだのですが、今回は餃子が有名な浜松市から浜松餃子を取り寄せることにしました。今回も10パックです。結局はパック数に負けただけかもしれません。

 

 10パックともなると段ボール箱も大きくなります。前回同様冷凍庫に収納するのには大変苦労しました。冷凍庫が満杯になっている今ならミッションインポッシブルです。

 

 今更僕が浜松餃子について説明する必要もないとは思うのですが、自分の理解を深めるために少しネットで調べたので書いてみたいと思います。

 浜松餃子学会によると浜松餃子は浜松市内で作られた餃子のことで、白菜やニラの代わりにキャベツと玉ねぎが使われています。フライパンに円形に並べて焼き、その形状を保ったまま皿に盛って、中央にはもやしをあしらい一緒に頂きます。

 こんなところでよろしいでしょうか?もし間違っているところがあれば訂正して頂きたいと思います。おそらく全ての条件を満たす必要はないのでしょうが、浜松餃子学会的には「浜松市内で製造されている」ということが必須条件のようです。ということは東京や大阪で作っているのに浜松餃子を掲げている店があれば(あるのかどうか知りませんが)、学会的には「偽」ということになります(学会が「偽」と主張しているわけではありません)。専門ではないので詳しくはないのですが、現実的には「浜松餃子」が商標登録されているか地理的表示保護制度によって保護されているのでなければ偽広告と主張するのは難しそうです。


 

 東京や場合によっては中国の巨大資本が浜松に餃子工場を作って浜松餃子として売り出せばどう評価するのか?浜松出身者が東京で浜松餃子店を開業した場合には浜松餃子と言えないのか?などいろいろ難しい問題があるように思いますが、これは浜松餃子に限った話ではありません。

 最初から排他的になりすぎてしまうと博多ラーメンや讃岐うどんのように全国区のブランドになることは難しいでしょうし(浜松餃子はまだ前二者レベルには到達していないと僕は思います)、とは言えいったん全国に広がってしまえば制御不能となります。特に鮮度がさほど重要視されないような加工品は参入障壁が低いですから、場合によっては事実上の本場が東京ということにもなりかねません。


 外に出して積み上げてみました。間違いなく10パックです。

 

 地域ブランドを確立していくには、小手先のブランディング戦略ではなくて、結局はその食品がその地域でどれだけされているかということが鍵になるような気がします。それは頑なに伝統を守るということかもしれませんし、あるいは全国・世界に広がって進化したものを逆輸入して更なる進化を追い求めるということかもしれません。おそらく伝統と革新の両方を受け止めていく懐の深さこそがなのでしょう。

 

 なんだか熱くなってしまいました。五味八珍は?

 

五味八珍(1)>>五味八珍(2)

 

追記:今は通達を受けて減らされたようで、6パックのようです。

 

 

レストラン店舗43店を展開している「五味八珍」の野菜たっぷり浜松餃子です。

レストラン店舗43店を展開している「五味八珍」の野菜たっぷり浜松餃子です。

JUGEMテーマ:ふるさと納税

 

[?5778-0318]包丁切りさぬきうどん半生10袋入 香川県 木田郡 三木町(1)

 

 ふるさと納税を始めてしばらくしてから記念品の保存法に困ることが増えました。たまに頼む高級品は嵩張らないことが多いので冷蔵庫を占拠することは少ないけれど、僕が取り寄せるのはお得感のある記念品、つまり量が多いのものが大半なのです(質より量とは言いません。質も決して悪くないからです)。ブロッコリー5kg、洋梨5kg、キャベツ5玉、サザエ2.5kg等々(サザエは固い棘があるのでそのままだと結構嵩張るんです)。どう考えても冷蔵庫には入りきりません。

 

 いくら我が家が冬は冷蔵庫同然の寒さになるといっても、流石に魚介類を廊下で保存するわけにはいかないですし、芋や玉ねぎでさえ2、3か月もすれば傷んできます。冬だと思っていたらあっという間に春が来てジャガイモに芽が出ているのを発見することもあります。足が早い夏場にも記念品は容赦なく届きます(もちろん夏のモノを頼むからですが...)。モノによっては処理をして冷凍すれば数か月以上もつかもしれないけれど、常温のモノや冷蔵モノをわざわざ冷凍するのはもったいないし、冷凍庫のスペースは冷蔵よりも限られています。本来冷凍庫に入れるべきものを短期間冷蔵庫に入れてみたり、冷凍庫から押し出されたものがその日の夕食になったり、スペースのやりくりに苦労しています。

 

 

 そんな苦労とほぼ無縁なのが乾物です(もちろん乾物の種類にもよりますが)。特に乾麺は使い勝手がいい。これまでうどんは冷凍麺を使用することが多く、今でもその傾向は変わらないのですが、ふるさと納税以降冷凍うどんの嵩に困ることがしばしば。コストコに行った後なんかは冷凍品が急増して収納にひどく苦労します。そんな時でも乾麺なら置き場所に困らない。それに最近の乾麺は味もいい(というか昔は素麺とスパゲッティ以外の乾麺を食べることはほとんどありませんでした。もしかしたら昔から美味しかったのかもしれません)。うどんは太いので茹でるのに少々時間はかかるけれど、その手間さえ厭わなければいつでも美味しいうどんが頂けます。納税額も高くないしおススメです。

 

 もっともこちらは完全な乾麺ではなく半生麺なので賞味期限は90日と少し短めです。

 1袋300gが10袋入り、トータル3kgで30人前です。1回平均1袋食べたら10回、1.5袋なら7回弱で全部消費できます。我が家は麺好きなのであっという間です。この量のうどんなら90日あれば十分ですね。

 

さぬきうどん(1)>>さぬきうどん(2)

ざるうどん(1)

讃岐うどん(1)


Calendar

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< December 2018 >>

Archive

Mobile

qrcode

Selected Entry

Comment

  • 毎度同じ − 日永園苺【6】 福岡県うきは市
    井本

Link

Profile

Search

Other

Powered

無料ブログ作成サービス JUGEM
        

お問い合わせ