JUGEMテーマ:ふるさと納税

 

8103.たらこどーんと2? 北海道 古平町(2)

 

 どーんと届いた大量のタラコが、先ずは餃子になりました。いきなり変化球です。チロリアンハットみたいですが、この形の餃子は初めて見ます。ネットかリアルかわからないけれど、妻がどっかで情報を拾ってきたんでしょうね。レシピそのものに著作権はないらしいですから、自宅で作ったり、それをブログにのせたりしたからといってレシピ使用料を取られることはありません(レシピ本の文章をそのまま引っ張ってきたらアウトです)。

 僕もテレビの見様見真似で金魚の餃子を作ったことがあります。でもそういう料理をすると妻には嫌がられます。金魚の餃子は作り方は難しいですが(市販の皮で作るのは難しいかもしれません)、こちらの帽子型は構造と個数を見る限り手軽に成形できるようです。

 

 焼いていると言った方がいいのか、揚げているといった方がいいのかわからないような微妙な油の量ですが、このような少量の油で揚げる揚げ方は「シャローフライ」と呼ぶそうですね(油に沈めるようなあるいは浮かばせるような通常の天ぷらやトンカツなどは「ディープフライ」です)。先程調べて「揚げ焼き」という便利な言葉があることも知りました。言葉は知らなかったけれど、我が家では効率重視でよく使われる手法です。


 帽子が17個です。この前にいくつもつまんでいるので実際にはもう少し揚げています。


 下部しか油に使っていないので帽子の鍔の部分は膨らんでいますが、本体部分は焼く前とあまり形は変わりません。たらこの赤がうっすらと透けて見えます。全体を揚げると帽子の形が崩れるのかもしれません。すると、もしかしたらミンチではなくタラコなのは、帽子の上部が半生になる恐れがあるからかもしれません。たらこなら半生でも大丈夫ですからね、もちろんそういうタラコを使って頂かないといけないですけれど。

 

 餃子ということですが、中身は豚ミンチは入っていないので外見以外は全く餃子のような気がしません。材料を考えると、通常の餃子よりもたらこパスタ、あるいは明太子フランスの方が近いくらいです。餃子と思うと違和感がありますが、見た目よりパリッと揚がっていて、おつまみにはちょうどいいのではないでしょうか?美味しいです。

 

たらこどーんと(1)<<たらこどーんと(2)>>たらこどーんと(3)

Comment





   

Calendar

S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
<< August 2019 >>

Archive

Mobile

qrcode

Selected Entry

Comment

  • 毎度同じ − 日永園苺【6】 福岡県うきは市
    井本

Link

Profile

Search

Other

Powered

無料ブログ作成サービス JUGEM
        

お問い合わせ